みやびの館@株式投資(別館)

みやびの館@株式投資

長期投資のための(てきとう)企業・業績分析を垂れ流すブログ

【凡人の覚書】リスクとリターンは比例しない

③リスクとリターンは比例しない

ハイリスクハイリターン、ローリスクローリタンと、リスクが高ければリターンは高い、リスクが低ければリターンが低いという認識の方もいらっしゃるようですが、
リスクとリターンのバランスは必ずしも一致しないと思っております。
ちなみに、リスクは損をする確率(と額)、リターンは利益をする確率(と額)とざっくりと定義します。

株価は色々な要因で決まりますが、長い目でみれば企業価値(資産や収益性)による影響が一番きいているように思います。

例えばですが継続して100億の利益を上げる企業が100億の時価総額であり続けることはほぼ考えられません。
もし100億の時価総額になっていればそこで買えはローリスク・ハイリターンの投資となります。

リスクとリターンは投資先のもの(投資後の増減が大きいか?)と入るタイミング(投資後に増減の動く余地がどのくらいあるか)によってハイかローか決まると思っています。
リスクよりリターンが大きく動く余地があるタイミングで投資をしましょうということです。

下記の①がリスク・リターンが同じの投資のイメージで、このボラティリティ(振れ幅)が大きくなるとハイリスク・ハイリターンのものになります。
②がリスクよりリターンが大きい投資のイメージで、ボラティリティが大きくなればよりリターンが魅力になるローリスク・ハイリターンの投資になります。


投資をする際は②の投資を心がけると良いと思います。

ちなみに、相場全体の暴落時の投資は企業価値への影響が小さい企業を選べはリスクが減ってリターンが増えるローリスク・ハイリターンの投資ができる良いタイミングではあると思います。(ある程度長い期間の投資前提ですが)
逆に相場全体が加熱しているときは…

なお、レバレッジはどちらかというとハイリスク・ハイリターンと言えますが、単純に額(振れ幅)を増やすための手段となります。
使わない場合と比較して確率は変わらず額だけ大きくなるものなので、結果としてより大きいリスクとリターンになります。
レバレッジはただの資産増減の加速装置なので、現物で利益が出せる前提で使わなければ結局損が加速するだけとなります。
気をつけましょう。

前回記事mm-miyabii.hatenablog.com

【凡人の覚書】株価はどう決まっている?

②株価はどう決まっている?

このネタは脱初心者セミナーでもしたのですが株価とはどう決まっているか?

株を「売る人」と「買う人」が「合意した価格」です。

当たり前だと思ったと思いますがこの事実が結構重要です。
株価(企業価値)が間違っているいるという言葉をたまに聞くことがあるのですが、投資家同士が合意している金額なので株価が誤っていることはないのです。
ただ、その企業の本当の価値を株価が表しているとは限らないため、将来株価が(上や下に)補正されることはよくあります。

逆に投資で儲けるためにはこの企業価値と株価のギャップを見極めて投資をするのが一番基本的な投資のやり方なのかなと。
まあ、企業価値を無視して株価が動くネタを予想して仕込んで儲けるという方法もありますが、株価はあくまで売買された価格であり、企業価値を表していないということはしっかり認識しておくのが良いと思います。

前回記事mm-miyabii.hatenablog.com

【凡人の覚書】当たり前を少し深く考える

当たり前を少し深く考えてみる様になったきっかけの話

投資を本格的に開始して早10年以上。
特にここ数年は人の縁にも恵まれ、凄腕の投資家さんともお話させていただく機会が何度もあり、
その突き抜けた熱意・行動・努力に尊敬をしつつ、自分の平凡さを改め認識する事が多くありました。

自分の平凡さを理解し受け入れ、その平凡な自分はどの様に投資をすることで勝つ可能性を上げることができるかを考え続けておりますが、なんとなくたどり着いた結論は、

自分のできることを考えて、それをマイペースでやる

という至極当たり前なものでした(笑)

ただし、自分のできることを考える(見極める)にあたり、「当たり前」と思ったり言えることがどうして「当たり前」かを少し深く考えてみるようになりました。
その「当たり前」は本当に自分に当てはまったり、そもそもできることなのか…と
そこからものごとの本質に多少なりとも触れることできたと感じており、自分のすべき行動の悩みが減っているので、これを考えることは少なくとも私には意味があるんだな~と思っております。

また、数年前に「脱・初心者セミナー」なるお話をオフ会でさせていただきました。
その時の(自分的な)テーマは「当たり前を少し深く考えてみる」というものでした。

この時は初心者より中級者?の方にささったようで、この「当たり前を少し深く考えてみる」テーマはそれなりに意味があるんだろうな~と思った記憶があります。

ということで、その当たり前と思えることだけど少し深く考えてみた過程と結論をとつとつと書いていく記事を上げていこうと思った次第です。
(自分の思考のまとめにもなるので)

①これをやれば儲かるの裏には「その人は」の前提がつきます

雑誌でも投資家のオフ会でも儲けを出している人の投資のやり方については皆さん興味津津だと思います。
特に雑誌(や書籍)では凄腕投資家さんの儲けを出してきた投資手法が赤裸々(とまでは言わないですが)に記載されており、これを読んで真似したら儲かる気が満々にします。

かくいう、私も昔はそういった手法を真似しようと思ったことがあったりしたのですが…どうにも上手くいかなかった記憶があります。
更に、投資ではないのですが、成功者と呼ばれる人たちが書いたビジネス書や啓発本?を読んで真似しようとして手ひどく失敗した記憶もあります。
ええ、それは数え切れないくらい…

で、失敗した理由を考えてみたのですが

この本を読んで真似しようとしてもできないんじゃね?
そもそも情報って十分書いてないんじゃね?
いや、毎日相場と向き合ってる人と同じことできるわけ…(´・ω・`)

そもそも、読んだだけで真似できるような方法でずっと儲けられるわけもないので(真似されて使い物にならなくなる)、多分それを読んだだけでは儲かるやり方は身につきません。
ちなみに「持ち続ける」という誰にでもできそうな行動ですらおそらく真似をすることは困難だと思います。
そもそも普通の人であれば「持ち続けて本当に儲かるのか?」という疑心暗鬼に覆われると思います。
「儲けることができる」と確信を持てる(まではいいませんがしっかり儲かる理由を理解していないと)くらいでないと難しいと思います。

そのやり方を熟知している「その人は」当然儲かると思いますが、それを読んでいる方はなかなかに難しいかと。

まずは、儲かる仕組み(理由)を理解して自分の投資に取り込めたらラッキーくらいの感覚で試してみるのが良いかと。

【決算分析】5070 ドラフト (2022年12月期 第1四半期決算)

企業概要

設計デザイン会社。 インテリア・プロダクト・建築の設計デザインを軸に、オフィス・商業施設・都市開発・環境からプロダクト・ブランディングまで幅広い領域の企画デザイン・設計・施工。施工業務は、元請けとしてプロジェクトマネジメントとコンストラクションマネジメント。事業領域は内部空間(オフィスや商業施設)や共用空間(ビルディングエントランス、ロビー)から、ビル共用部のデザインを行う環境設計。街区全体をデザインする都市開発・老朽化したビルディングのリニューアルデザイン等への拡張を推進。フィリピンの子会社は3Dイメージパースを製作。プロダクトデザインとしてオリジナルオフィス家具「201°(にひゃくいちど)」を制作。主要取引先はサンフロンティア不動産、PayPayカード。

業績から

  • 売上半減で利益も赤字転落
    • 先行投資によるコスト増と案件の偏りの影響とのこと
      • 前期4Qが非常に良かったため期ズレの影響もありそう
      • 企業からは受注を含めて順調であるため問題はないとのこと
    • もともと2Qの企業予想は前年比大幅減益予想であったので利益面が弱いのは予想はできた

指標値から

  • 収益バリューの扱い…流石に安いw

チャートから

  • 上場来安値に接近

定性的な面から

ポジティブ

  • 「期中の週平均引合い額」は計画を上回って推移

その他

  • 企業のコメントが本当かどうかは2Qの決算を見て判断

【決算分析】6089 ウィルグループ (2022年3月期決算)

企業概要

人材支援サービスグループ。セールス(販売支援スタッフ派遣・請負)、コールセンター(オペレーター派遣・請負)、ファクトリー(軽作業スタッフ派遣、製造・検査・梱包請負)のアウトソーシング業務を営む。国内WORK事業、海外WORK事業の2セグメント。サービスブランドを「WILLOF」に統一。中核会社のウィルオブ・ワークはモバイル端末販売や通信会社向けコールセンター、ウィルオブ・ファクトリーは食品製造業に特化したサービスを提供。ハイブリッド派遣(常駐正社員と派遣スタッフをチームに派遣、常駐正社員が就業管理や現場管理をサポート)とカテゴリ特化型人材派遣(スペシャリスト育成)に特長。その他、医療・介護分野における介護士派遣・紹介事業や技術者派遣、スタートアップ人材支援。海外はシンガポールオセアニア地域で人材派遣・人材紹介サービスを展開。2018年東北地方中心に建設技術者派遣のC4社を買収(34億円)。2020年子会社のフォースタートアップス<7089>がマザーズへ上場。2021年子会社ボーダーリンク(外国語指導助手派遣)がレアジョブ<6096>と資本業務提携。

業績から

  • 海外Workが絶好調で増収大幅増益
    • 国内Workは停滞気味
  • 今期は海外Workの落ち着きと先行投資の継続で売上、利益ともに横ばい
    • 積極な先行投資で利益率は中計の4.0%を予定
  • M&Aを封印?しているためフリーCFが潤沢に出ている
  • 介護の人材紹介は苦戦気味。建設技術者派遣は未経験者採用を開始したが堅調に進んでいる

指標値から

  • 流石に割安…
    • 業績が伸びているにも関わらずEV/EBITDAは2倍台(笑)

チャートから

  • 上がらないのが今のトレンド

定性的な面から

ポジティブ

  • 中計の利益と利益率を1年前倒しで達成
  • 海外Work事業にとっては円安はプラス

ネガティブ

  • 国内Workが思いの外伸びが弱い
    • 介護の人材紹介の拡大が思うように進んでおらず

その他

  • 配当利回りが4%超えました…
  • テック系事業の拡大が待たれる

【決算分析】3830 ギガプライズ (2022年3月期決算)

企業概要

不動産ITサービス会社、フリービットの子会社。マンション向けインターネットサービスのHomeIT事業(集合住宅向けISP、防犯・監視カメラ、電子錠、不動産賃貸管理ソフト開発・販売)を展開。マンションデベロッパーや不動産管理会社等と提携、マンションのインターネット導入から利用・保守までのサポート、監視カメラ・VDRの販売保守、不動産賃貸管理ソフト販売など。集合住宅向けISPのサービス提供戸数は82万戸超。家電コントロール・スマートロックなどIoT分野に注力。2013年システム開発事業をフリービットに譲渡。2017年ナーブ社(VR開発)・ユーエムイー社(IoTサービス)と資本業務提携、不動産仲介をベースにITを利用した不動産Tech業務に参入。2020年NECネッツエスアイ<1973>と集合住宅向けISPサービス「SPES」の販売を開始、イオンハウジング事業のフォーメンバーズを譲渡。主要取引先はD.U-NET、大東建託パートナーズ、大東建託

業績から

  • 新基準との比較では横ばいだが、従来基準(純粋な去年の数字)との比較では売上は6.2%、営業利益については15.3%の増益
  • 今期は新基準同士の比較となるが、前年度比で売上が10%、営業利益が11.6%増と2年連続増収増益
    • 売上増に対する営業利益増の比率がほぼ同じなので従来よりコスト増となっている部分がありそう
  • マンションISPについては昨年度は15万戸増と堅調であり、今年度も引き続きに15万戸増程度が目標
    • 導入数が90万戸を突破してマンションISPの管理戸数は業界No.1になっているはず
    • ランニング売上が増加しており、不況時でも売上(利益)は安定していると思われる
  • 営業利益率は14.2%となり過去を見ても最高水準(最高は2015/3月期の16.35%)

指標値から

  • 割安とは思うが、相場全体で割安銘柄のオンパレードなので、妥当といえば妥当かもしれない

チャートから

定性的な面から

ポジティブ

  • マンションISPの増加については安定している
  • ランニング売上比率が向上し不況耐性が更に向上

ネガティブ

  • マンションISP頼みが顕著であり、新しい儲けの柱を構築することが急務である
    • 毎年15万戸増加したとしても、総管理戸数が大きくなれば増加が売上や利益へ貢献度(増加率)する比率は徐々に低下
  • 配当が渋いのは相変わらず

その他

  • キャッシュを稼ぐ能力はぴか一だが株主還元に大きな不安が…
    • 自社株買いも限界があるので、どこかで配当に振り分けてもらえないと厳しい

【決算分析】7030 スプリックス (2022年9月期 第2四半期決算)

企業概要

学習塾サービス会社。個別指導「森塾」(先生一人に生徒二人までの個別指導学習塾)を中心に、「湘南ゼミナール」、ネット学習塾「自立学習RED」(フランチャイズ)や教育関連コンテンツサービスを提供。長岡(新潟)で操業、東京や埼玉を中心に個別指導学習塾「森塾」「自立学習RED」を約300教室(直営&FC)、集団指導型学習塾「湘南ゼミナール」を約180教室、「河合塾マナビス」のフランチャイズ(47教室)を展開。「森塾」は成績保証制度(定期テストで1科目20点以上成績が上がることを保証)に特色。教育関連コンテンツサービスは教師向け学習塾用教材「フォレスタシリーズ」・読書教育プログラム「グリムスクール」の開発・販売、社会人を対象としたダンススクール「東京ダンスヴィレッジ」運営、検定(国際基礎学力検定「TOFAS」、中国語検定「HSK」)など。2019年サイバーエージェントの子会社と子供向けのオンラインプログラミング学習サービス「キュレオ」を共同設立、明光ネットワークジャパン<4668>と業務提携。2020年プログラミング総合研究所を設立、学習塾運営の湘南ゼミナールを子会社化(45億円)、オンライン指導型の個別指導塾「そら塾」のサービスを開始。

業績から

  • 2Q単体で微減収・大幅減益
    • 大幅減益の理由は広告宣伝費、研究開発費増、業績寄与月の違い(書き入れ時の12月が抜けて閑散期の3月が入った)
    • 減収の理由も業績寄与月の違い(書き入れ時の12月が抜けて閑散期の3月が入った)
  • 営業利益率、原価率、売上に対する販管費率が前年度より大きく悪化
    • 理由は減益理由と同様と思われ

指標値から

  • まあすでに割安に見えるけど数字悪いと更に売られる気が…

チャートから

  • 反発気味だったけどこの数字では流石に売られそう

定性的な面から

ポジティブ

  • 各塾セグメント毎では前年度並の売上と利益は出せている
  • 自立学習REDは順調増
  • 将来に対する種まきはきっちり実施中
    • そら塾、TOFAS(フォレスタ学習道場)、プログラミング能力検定(キュレオ)
  • 配当はきっちりくれるので利回りはそれなりに高い

ネガティブ

  • 1教室あたりの生徒数は相変わらず減少傾向

その他

  • 昨年度の2Qという中途半端なところから買収した湘南ゼミナールがPLに乗り出したので単純に比較がし辛い…